スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
もしも、○○だったら?
2006 / 06 / 09 ( Fri ) 08:16:39
「これに、ひとこと書いて」
そう言われて、次男から渡されたのは、中間試験の結果表。
親が、これを見て何かひとこと書いて提出する。
長男の時からなので、慣れっこだ。
書くことは決まっている。

『この結果に満足せず、期末もがんばって欲しいです』

次男が、
「もしも、1番だったら何て書く?」と聞いてきた。
ホント~だ。
長男の時から、おもっていた。
1番の子のお母さんは、何て書いているのかな。
『十分、満足です』かな?
『この結果に満足せず・・』・・私と同じってことは、ないわね。

1番だったら・・なんて、それこそなってみないとわからない。
どんなふうに、書いていいのだろう。
家では当然、満足だけど・・・先生には、どう書くのか。
ん~・・・想像できない!


昨日の私の日記で、宝クジを買うという人のコメントを読んで、おもい出したことがあった。
よく、主人と
「宝クジ、2億円当たったら、どうする?」なんて話しをする。

「半分使っても、1億円あんねんで~!」と主人。
「今、3億円じゃないの?」
「ってことは、1億5千万も、あんねや~」
「・・っていうか、1億円も使えないよね」
「ローンを返しても、まだ何千万もあんねんな~」

夢の、また夢夢夢のような話しを、必死になってした。
そこには必ず、子供たちも話しに加わり、
「僕に、あれ買って」「俺は、これ買っていいよね」

散々、話しが盛り上がったところで、虚しくなってやめる。
ありえない、まさにありえないことだから・・。


夢を語って、ほんの一瞬でも、楽しい気分を味わってみた。

次男が1番になったら、、、
大阪に住んでいる、主人の両親は喜ぶだろうな。
近所中に、話し歩くかしら・・。
「孫が、学年で1番になってん!」


宝クジ当たって、次男が1番になって・・・。
そうなったら、‘喜び’の前に、もっといやなことが起きるような気がして、逆に怖いわ。素直に喜べないかも。


・・・って、これ絶対あり得もしないこと。
真剣に考えた。バカみたい。

次男の結果には、満足!
宝クジ、買う予定はない。


スポンサーサイト
日常の出来事 TB:0 CM:16 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。