スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
ありがとう!
2006 / 12 / 31 ( Sun ) 00:24:06
皆さん、ありがとう~!

来年も、どうぞよろしくお願いします!

よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
日常の出来事 admin page top↑
今年も・・・そして、来年も
2006 / 12 / 29 ( Fri ) 01:20:28
6日ぶりに、ブログ更新。
実家にちょっと、帰っていた。

久しぶりに、パソコンスイッチオン。

テンプレは、まだクリスマスのままで、、
しかも、サイドバーの、カウントダウンツリーは、
すでに来年のクリスマスに向かって、カウントダウンが始まっていた。
慌ててはずす。
そしてテンプレも、変えてみた。


退院して家に戻って、久しぶりに包丁を握った時、
一瞬、お料理するのが新鮮におもえた。
普段、携帯やパソコンばかりだから、
年賀状作成で、久しぶりにボールペンを持った時は、字を書くのが新鮮におもえた。

今日、久しぶりにパソコンのキーボードをたたく感触は、、、
その時の気持ちに、なんだか似ている。
とっても新鮮な気持ち。
みんなのブログを回っていると、、
懐かしい友人に、会うような気持ちになった。


毎年、この時期になると、
「今年一年を振り返って、どうですか?」の質問をよく聞く。
今年一年は、、、
ブログで、たくさんの人と知り合うことができたから、想い出に残るいい年だったとおもう。
凹むことも、あったけど、、、
すぐに浮上できたのは、やはり仲間のおかげた。
感謝。


こうして今、ブログをしていたら、主人が、
「まだ、やってるの~?」と、少々呆れ顔。
今夜は、パソコン独占。
かれこれ、2時間は向かっている。

今年一年は、パソコンから始まり、、、
パソコンで、終わる。
これも、想い出のひとつだ。



遊んで帰ってきた後は、必ず、大きな‘ツケ’が回ってくるというが、、、
今回の実家帰りも、やることがまだいっぱい残っている。
年賀状は、終わらせたけど・・・
大掃除は、まだ終わっていない。

何だかんだで、私だけが、結局最後まであたふた。
来年こそは、余裕を持って、大掃除は終わらせ、
そしてゆっくりと、過ごしたい。


でも来年もこうして、
こんな時間まで、パソコンをしていたい。

ずっとずっと・・・
仲間とは、つながっていたいなぁと、つくづくおもった。
日常の出来事 TB:0 CM:58 admin page top↑
プレゼントの中身は・・・
2006 / 12 / 22 ( Fri ) 16:34:25
「ただいま~!」と、やたらテンション高い、次男の声。
今日が、2学期の終業式。
通知表をもらい、張り切って帰ってきた。

決して自慢できる通知表ではなかったけれど・・・
2学期も、一日も休まず登校することができたから、よしとしなければいけないかな。
何よりも、健康が一番、、、ただ、それだけだ。

通知表と一緒に、小さな船の置き物を見せてくれた。
次男のクラスだけでの、クリスマス会。
そのプレゼント交換で、当った品物だった。

その何日か前、クリスマス会でプレゼント交換をするということで、友人たちと買いに行った。
予算は、300円~500円まで。
お菓子ではない、プレゼントを1個用意する。
何を買おうか、あれこれと迷い、次男は結局、頭脳パズルにしたらしかった。

誰に当るかわからない。
誰のが、くるかわからない。
今朝は、ウキウキしながら家を出た。

当ったプレゼントには、小さなカードも、一緒に付いていた。
そのカードには、、
『君へ・・』で始まるメッセージ。

『君へ・・
誰に当るかわからないけど、大事にしてね。
この一年は楽しかったですか?
僕は、楽しかったよ。
これからも、よろしく!
メリークリスマス』

決して上手とは言えない文字だったけれど・・・
そこには、一生懸命考えた、誰かわからない友人の言葉が書いてあった。

こんなステキな、メッセージを付けてくれる友人がいるクラスで勉強ができて、、
次男は、すごく恵まれているかもしれない。
予算は、300円~500円だけど・・・
値段以上のプレゼントをもらってきたのではないかな。



今日は友人たちが、何人も遊びに来て、
大掃除は進まず、、
その後に帰ってっきた長男の成績も、、
ちょっと寒さを感じたけれど・・・

ステキなメッセージカードのおかげで、
なぜか心は、ぽっかぽかのままだった。
ちょっと早いけど、、

次男も、私も、ステキなプレゼントをもらったとおもう。
日常の出来事 TB:0 CM:38 admin page top↑
こんな時ばかり
2006 / 12 / 20 ( Wed ) 16:17:53
試験休み中の、長男。
普段、私の行動など聞くことなどないのに、今日は珍しく、
「お母さん、今日、どっか出かける所ある?」
と聞いてきた。

何かとおもったら、頼み事だった。
電器屋に、連れて行って欲しい。
目的は、アイポットを買うことだった。

私と一緒にいる所を、友人に見られたら恥ずかしいとおもい、、
並んで歩くことさえ、いやがる長男。

その長男が、私に頼み事。
しかも、一緒に車に乗って、お買い物だ。

どんな理由であれ、、
頼まれた母は、ちょっとうれしい。
ルンルン気分になる。
単純な私。


何か人に頼む時ばかり、いい顔をしたり、甘えた声出したり。
そんなことは、よくあることだ。
考えたら私も、独身の頃、同じようなことをした記憶がある。

突然に、親の手伝いを始めたら、
「何か、あるでしょう?」と言われた。
あの時親は、全部わかっていたんだなぁ。

自分のことを、おもい出しながら、今日は長男との買い物を楽しんだ。
アイポットなんて、初めて見る私。
一緒に選ぶことは、できなくて、、
ただ、そばで見ているだけだったけど・・・。


電器屋の帰りに、いつものスーパーに寄った。
店内ウロウロ歩いていると、、、
試食販売のお兄さんから、
「そこのお姉さん」と声をかけられた。
誰?、、とおもったら、この私。

42歳をつかまえて、「お姉さん」とは、、、。
買って欲しいから、そう呼んだのだ。
そこらへんを歩いていたら、、
「お姉さん!」などとは、絶対に呼ばないだろうな。
当たり前のことだけど。

「お姉さん」と呼ばれても、、
試食販売を、買う気にはならなかったけれど・・・
「お姉さん」と呼ばれて、、、
実は、悪い気はしなかった。


こんな時ばかり・・・

わかってはいても、ちょっとだけルンルン気分になる私って、、、
やっぱ単純なのだと、つくづくおもう。
家族 TB:0 CM:36 admin page top↑
何でも、最初だけは・・・
2006 / 12 / 18 ( Mon ) 18:56:02
新しい物を買った時って、最初は丁寧・大事に使う。
汚さないように・・・
壊さないように・・・
最初だけは、綺麗に使ったりするものだ。

私の携帯電話。
半年経つけど、まだ、液晶画面のシール(?)は貼ったまま。
キズ防止、、、当分、はがせない。

寝心地悪かった、ソファーも・・・。
座る部分には、長めのクッションを置いて、これまたキズ防止。
寝心地悪くて、、すぐに、買い直したかったけど、、
これでは、当分、使えそうだ。

子供も、新しい物を、最初は大事に使う気持ちは同じ。
特に買ったばかりの、CDは、、
指紋ひとつ、付けないよう、細心の注意を払ってる。

そう言えば、長男のゴルフセット。
一週間に一度のお手入れは、欠かしたことはない。
いつまで、続くやらだけど。


実は昨日、我が家に、新しい洗濯機が届いた。
15年ぶりの、新しい洗濯機。
真っ白で、ピカピカの洗濯機は、やはり気持ちいい。

今朝、さっそくお洗濯。
使い終わって、、すぐに、お手入れ。
中に残った水滴を、きれいに拭きとった。

汚さないように、新しいままを維持するように、、
丁寧に、
大事に使っていきたいなぁ。


夕方、次男が帰宅。
届いたばかりの、新しい洗濯機。
汚したくないから、、
汚れた靴下は、そのまま放りこめなかった。

洗濯機の中に入れる前に、、
洗面所で、一度洗った。
洗濯する前に、、、
洗濯をする私。

こんな自分も、、いつまで続くやらだ。
日常の出来事 TB:0 CM:50 admin page top↑
父から子へ・・・兄から弟へ・・・
2006 / 12 / 15 ( Fri ) 17:41:06
今朝の光景。

学校が休みの長男。
友人と、遊びに行くために、早起きしてきた。
普段は、主人より早くに家を出るので、
朝、顔を合わせるのは久しぶりだった。

部活の話、学校の話し。
久しぶりの親子の会話。
特に部活のゴルフの話しは、ちょっと盛り上がっていた。
こうして、ああして・・・。

父から、子へ、、
いろんなアドバイス。


夕方、次男が帰宅。
いきなり、、
「やっちゃったよ~、、兄ちゃん!」

何をやったか・・・。

今日の社会の授業が、ビデオ鑑賞だったらしい。
給食を食べ、おなかがいっぱい。
気持ちよくなったところに、つまらないビデオ。
寝てしまったらしい。

ビデオが終わったら、社会担当の女の先生が、寝ていた子数人を名指しし、、
罰として、放課後、視聴覚室の掃除を命じたとか。

「参ったよ~」の次男に、、
「バカだな~・・・そんな時はなぁ」と長男からのアドバイス。

眠くなった時の、眠気を覚ます方法。
首を回す、親指を噛む。
手の皮を、つねる・・・。

「これくらいの力で、、、」と実際、つねってみせたり。
そして最後は、
「○○先生(社会の先生)の授業は、絶対寝るな!お前、目、つけられたら、最後だぞ」と、、、
先輩兄から、弟へ伝授。

あまり微笑ましいアドバイスでもなかったが、、
次男が、納得していたから、それなりに、ためになったのだろうか。


父から、子へ・・・兄から、弟へ・・・。
そして母は子へ、何を伝える?


ゴルフのことは、全くわからない私。
お昼の後の、お昼寝タイムを満喫している母に、、
眠くなったらどうするかなんて、そんなことは、教えられない。
寝るしかないから。

ゴルフのことも、眠気を覚ます方法も、
教えることはできないけれど・・・
母から、子へ、、


今を、楽しむように。
やりたいこと、どんどんするように。
二度と戻らない学生生活、、満喫して欲しいな。

母の私は、、
社会の授業の、記憶はほとんどない。
きっと私も、、、
29年前の中学時代・ビデオ鑑賞は、、、寝ていたような気がする。
家族 TB:0 CM:42 admin page top↑
ひと休みの時間
2006 / 12 / 14 ( Thu ) 08:00:39
月曜日から、長男の期末テストが始まっている。
お昼に帰ってきて、私と一緒に昼食を食べ、とりあえずは二階に上がっていくも・・・。
1時間くらいすると、降りてきて、
「ちょっと休憩」と、何か食べる。
そしてまた、二階へ、、。
また、すぐ降りてきて、今度は
「何か、飲み物・・・」

温かいココアを飲みながら、私と一緒に、ビデオ鑑賞、、、。
期末テスト勉強、、なかなか、進まずのようだった。

そんな私も、‘ひと休み’の時間が長い。
大掃除、、、なかなか、はかどらないでいる。

引き出しの中を整理しようと、中身を全部出し、、
ふと、友人からの手紙をじっくりと読み出したり・・・。

先日は、子供の運動会の写真が出てきて、、
またまたそこで、手が止まった。
その時は、アルバムまで、引っぱり出してくる始末。
引き出しの整理に、半日かかった。

長男は、、、「夜まで、時間はたっぷりあるぞ」と油断をし、、
私は、、、「年末まで、まだ2週間以上もある、、」と、呑気でいる。

今年もまた、間際になって、バタバタと慌てるのだろうな。
わかってはいるのに、、
なかなか、スイッチが入らない私。

長男は結局、夜中まで、スイッチが入らなかったらしく、、
今朝、朝食を食べながら、横に、教科書を広げていた。


‘ひと休み’の時間。

結婚して、半年後に妊娠して、会社を辞めた。
長男が1歳の時に、関西に転勤。
今度は次男を妊娠、、出産。

ここに引越して、10年。
バタバタと慌ただしく、子育てをしてきたって感じだった。

「ふ~」と一息ついたところに、発病してしまった私。
長い人生の中で、、
これもまた、‘ひと休み’の時間なのかな。

ビデオを観たり、ゆっくりコーヒータイムしたり、
時に、家族の写真を見たり、手紙を読んだり、、、

ひと休みの時間を楽しんでいこうかな。


長男のように、テストがあるわけではないから・・・
焦らなくても、いいとおもっている。

だけど、大掃除のスイッチは、
いい加減、オンにしようとおもう。
日常の出来事 TB:0 CM:36 admin page top↑
気がつけば・・・
2006 / 12 / 11 ( Mon ) 22:33:26
「もう、ないの~?」
台所から、長男の悲壮な声が聞こえた。

もう、ない、、、一昨日買ってきた、エクレアのこと。
土曜日、帰りに駅前で、エクレアを買って帰った。
10個買った。
その日の夜、家族みんなで、一人1個づつ食べたけど、、、
その後のことは、よく知らない。

次男が、主人が、、
おやつに、夜のコーヒータイムに・・・。
勝手に冷蔵庫から出して、食べていたのだとおもう。

「昨日の夜は、まだ3個残っていたのに」と、長男。
私は、食べていない。
・・・ってことは、主人が夜に食べたか、、
あとは、次男が2個食べたことになる。
ちゃかりと・・・。

エクレア10個なんて、そんなもんだ。
ケーキと違って、小さくて、手軽に食べれるから、
主人も、子供も、ホイホイと食べてしまう。

「もっと、味わって食べればよかった」
がっかりの、長男だ。


いつの間にか、、、もう、ない。

一昨日崩した1万円が、昼間、買い物に行ったらもうなくなった。
昨日、ワン仔のえさは買った。
ついでに、ドラックストアーで、洗剤らや、シャンプーやら、ティッシュを買った。
で・・・もう、ない。

1万円て、崩すと、あっという間っていうけど、本当だ。
大きな買い物したわけではないのに、なぜかもうなくなっている。


治療中、病院で諭吉さまを、一度に何枚も出したことがあり、、
その時は、しみじみ、1万円の重みを感じた。
今回は、ワン仔のえさ、雑貨、食品、、、
それでも、気がつけば、あっという間に消えていく。


長男は、、
久しぶりに買ってきた、エクレアをおもい・・・
私は、
銀行から下ろしたばかりの、諭吉さまをおもう。

「もっと、味わって食べればよかった」とおもい、
私は、
「有難い、、」と、しみじみ感じる。
ひとりごと TB:0 CM:36 admin page top↑
感謝状・・・
2006 / 12 / 10 ( Sun ) 11:55:20
自分が一日出かけていて、帰宅する時は、ちょっとドキドキする。
家の中が、とんでもないことになっているのではないかと、、、
玄関開けるまで、ちょっと心配。

予想に反して、きれいさっぱり片付いていると、「ホッ」とするし、、
すごいことになっていると、がっかりする。
遊びの予定だと、文句も言えないけど・・・。


昨日は、玄関開ける前に、すでにがっかり。
雨戸を閉めていなかった。
外から、部屋の中が、まる見え状態。
リビングのカーテンレールにかけてある、洗濯物まで見えた。

だけど、リビングは、朝の状態のままだった。
ホッとしたら、台所のシンクの中は洗い物がそのまま。
期待はしていなかったけど・・・。


子供が小学校の時、バスケットの試合で、よく一日、家を留守にした。
朝の7時前に出て、夕方6時過ぎに帰ってくる。
そんな時は、家で留守番の主人が、洗濯物だけはたたんでおいてくれた。
気が向くと、お風呂の用意。

そんな話しを、一緒にいた友人に話したら、
「うちは旦那が、夕飯の支度をしておいてくれている」と、言った。
朝の早い試合には、行きたはくない旦那さん。
家にいる代わりに、ならば夕飯の支度を、、、らしい。

いろんな旦那さんの話しを聞くけれど、
夕飯の支度、、、は、その時は初めて聞いた。
試合の日の夕飯は、決まってカレーだった我が家。
昼、カレー。
夜、カレー。

考えたら、、
私が出かける日は、何年も前から決まって『カレー』だ。


昨日は、帰ってすぐに、まず洗い物をした。
バタバタと、洗濯物も片付けた。
夕飯は、朝、作っておいたビーフシチュー。
定番メニュー、カレーではない。
食べ盛りの子供たちは、それでは足りず、、
パスタも茹でたけど。

慌ただしく動きながら、
友人の旦那さんの話しを、ふとおもい出した。

主人が、夕飯の支度をするなんて、我が家ではあり得ない。
あり得ないことだけど・・・
もし、しておいてくれたら、
私の場合は、恐れ多くも点数などつけれないだろうなぁ。

満点の点数ではなく、
『感謝状』だ。

夕飯を作っておいてくれた、感謝状ともう1枚、、
「どうぞ」と気持ちよく出してくれた、感謝状だ。
日常の出来事 TB:0 CM:40 admin page top↑
終わりよければ、全てよし?!
2006 / 12 / 08 ( Fri ) 13:52:54
朝起きて、ヒーターのスイッチを入れたら、、
「ピピピッ・・ピピピッ・・」
給油のランプが点灯。

起き抜け。
着替えもしていないのに、いきなりヒーターが点かない。
息を止めて着替え、、
寒い玄関で、給油した。
ツイていない、一日の始まりだ。


買い物に行き、、
小銭でパンパンに膨らんだ財布を、なんとかしようと、、
財布の中の全ての1円玉を握りしめていた。

最後の食品がレジを通り、、
「お会計、2270円です」

握った1円玉は、そのまま財布の中へ・・・。
かえってお釣りで、小銭が増え、財布は更に膨らんだ。
ツイてない。


寒くなる前に、ワン仔のお散歩。
こんな日に限って、会いたくない友人とバッタリ会ってしまう。

連れているのが、自分の子供なら、
「お母さ~ん、、早く~」と、ダダをこねて、さっさと別れられるのに・・・。
うちのワン仔、とってもおとなしい。
ダダをこねるどころか、座りこんでしまった。
ツイているのか、いないのか。


さっき主人から、メールがきた。
「ボーナスが入ったので、ケーキを買って帰ります」

相変わらず、絵文字も何もない、デスマス調のメール。
でも、うれしい。
夜にケーキは、太る元だけど・・・
今日は特別。
おもいっきり、食べよう。


「終わりよければ、全てよし?」

今日は朝から、いきなりずっこけたけど、、、
最後がケーキだから、よしとするのかな?

まだ、一日は終わっていないけど、、
半分、終わったような気分でいる。
単純な私だ。

********************************

癌という、おもいもかけない病気から始まった40代。
40代最後は、、
笑って過ごせていたらいいな。
そしてまた、笑って始まり、
最後まで、笑っている。

終わりよければ、全てよし、、、だ。
日常の出来事 TB:0 CM:40 admin page top↑
笑顔に・・・許せる年齢
2006 / 12 / 06 ( Wed ) 20:26:40
仕事をしている友人の職場に、若いアルバイトの男の子が入ってきたらしい。
自分の子供と、さほど年齢の変わらない子と、一緒に仕事する。

「失敗も多いけど、笑顔で謝られると、許せちゃうのよね~」と、友人。
それは、すっかりオバサン化した証拠だと、みんなから言われていた。
なんとなく、わかるような気がする。

自分が、二十歳位の時。
「あんなオバサンには、なりたくないな~」とおもっていた年齢に、今自分が、なりつつある。
スーパーで、お一人さま1点限りの、安売りの玉子。
レジに並び直して買う自分は、やはり、オバサン化したのかなと、ふとおもう瞬間だ。

ちょっと前に、実家に帰った時のこと。
成人式の時に、母と一緒に写した写真を見て、
「この時の母の年齢に、今の自分がなりつつあるんだなぁ」とおもった。
自分では、まだまだ・・・の気持ちなのだけど。

そういえば、先日のスタンドのお兄さん。
ニコニコ笑顔が、ちょっと「かわいい~」とおもったのは、、、
親切に教えてもらったからだけではない?
あれは、、
オバサン化した証拠なのだろうか。
ヤバイなぁ。


今朝、新聞を取りに行ったら、ポストに、新聞が入っていなかった。
実は、何日か前にもなかった。
その時は、主人がいなかったから、許してあげたけど・・・。
2度は無理。

ちょっとプチ切れ状態で、新聞屋に電話した。
5分後に、バイクの音。
ピンポンが鳴り、出ていくと、、、
そこには、若い男の子が立っていた。
「すみませんでした」と、謝られた。
なんだか、す~っと怒りが、おさまった。


部屋に戻ると、主人が、
「電話の怒りは、どこいったん?」


本当だ。
どこ行ったのかな。
あんな‘笑顔’ひとつで、許せるなんて・・・
私も、友人と一緒だ。
だんだんと、、
写真の母親の気持ちに、近づいていってる。
ひとりごと TB:0 CM:38 admin page top↑
順番は、回ってくる
2006 / 12 / 05 ( Tue ) 06:12:28
次男の部活の、駅伝のメンバーが決まった。
もちろん、次男の名前もそこにある。
他と違うのは、名前の横に、「補」の文字。
次男は、補欠選手だった。

それを見た長男が、
「それは、ほとんど、出場できないとおもった方がいいぞ」
兄弟だから、遠慮はない。
中学の部活が、どんなものか、長男は経験しているので、よくわかっている。
ヘタに、気を持たせて、本人その気にさせるより、、
はっきり言っておいた方が、いいとおもっているのかな。

長距離苦手な次男は、
「自信がないから、良かったよ」の言葉。
それが本心かどうかは、わからないけれど・・・。


我が家の子供たち、、、親に似たのか、体は二人共小さい方。
その小さい体で、長男は、中学では野球部だった。
野球初心者。
3年間、、、
どんなに仲間と、同じように厳しい練習をしても、長男がレギュラーになることはなかった。
試合に出ることも、ほとんどない。
悔しいおもいをしたとおもう。

そして今度は、次男が、同じようなおもいをしそうだ。
何事も、経験、、とは言うけれど。
やはり、努力は報われて欲しいなぁ。
ほんの小さな、親心だ。


人生には、いろんな順番があるとおもう。
いつも、最初に選ばれなくてもいいから、、
次には、選ばれて、走れるとか・・・。
その次でも、いいから。

次男にも、
いつか順番が回ってきて欲しいなぁ。
走る前のドキドキ感。
味わって欲しい。


そして私にも、順番が回ってこないかな。

子供が選手に選ばれた親の、、
ほんのちょっとの、優越感と、、
ほんのちょっとの、ドキドキ感を、、
ほんのちょっとだけでいいから、味わってみたい。
ひとりごと TB:0 CM:32 admin page top↑
綺麗にした後は、、
2006 / 12 / 03 ( Sun ) 19:57:58
毎朝、台所の換気扇の前で、煙草を吸う主人。
おいしそう~に、煙草を吸いながら、一点をジ~っと見ている。

言われるぞ!、、とおもっていたら、
「換気扇、いつ、掃除するの?」
きたきたきた~!って感じ。
やっぱ、言われた、、って感じだった。

フードに貼ってある、シートはいい加減、油で変色していたし、これでは、煙も吸わないのではないか、、ておもっていた。
わかってはいたけど、今、掃除したら、年末までまだ1ヶ月もある。
綺麗にしても、お正月までには、また汚れてしまいそう。

それでも、限界を感じていたから、主人に言われ納得。
午後から、換気扇と格闘した。
綺麗さっぱり。

せっかく、こんなに綺麗にしたのに、、
今夜の夕飯メニューは、空揚げだった。
なんか、、ショック。
当分、油は使いたくないけど・・・。
料理をしないわけにはいかないから無理。
明日からは、窓開けて、お料理しようかな、、って感じだ。


綺麗にすると、今度は、‘汚したくない’とおもってしまう私。
トイレを綺麗に掃除した後は、我が家の男性陣には、
「お願い、座ってして~」
と、言いたくなる。

お風呂を、綺麗にすれば、
「泡は、なるべく飛ばさないでね」

何日か前には、久しぶりに、床にワックスをかけた。
ワックスかけたその週末、主人の誕生日。
何が食べたいかと聞いたら、
「焼肉」・・・と返ってきた。
新聞紙を敷いて、焼肉したい気分だった。


洗車した後は、雨の中、走りたくない。
年末、大掃除で網戸を洗えば、、
「お願い!雨、降らないで~」って感じ。

掃除して、ガックリは何度か経験。
でも、しないわけにはいかない。

この時期は、、、
ギリギリ、限界まで待って、年末にド~ンと掃除するのがベストなのかな。
ちょっと、慌ただしいけど・・・。


来週は、カーテンでも洗おうとおもっている。
レースのカーテン、、漂白して洗うと、部屋まで明るくなるように感じる。
綺麗に洗ったら、当分は焼肉はできない。

焼肉どころか、、、
束にしておいて、カーテン引かないでおきたくなるとおもう。
日常の出来事 TB:0 CM:36 admin page top↑
ちょっと謙そん・・・
2006 / 12 / 01 ( Fri ) 17:09:36
今日は、次男がマラソン大会だった。
陸上部の次男。
だけど、長距離は苦手。
最初から、ちょっと自信なさそうだった。

それでも家を出る前は、
「みんな走るのは、苦手みたいだから、もしかしたら、早い方かもよ」と、少しの期待をしていたのだが・・・。
親が見に来ていたせいか、友人たち、みんな早かった。

最初は、前の方を走っていた次男だが、2周目には、どんどん抜かされ・・・
3周目に入ると、苦しそうだった。
それでも、私と一瞬目が合うと、ペースがちょっとだけ、上がったように感じたのだが。


家に帰ってきて、次男から、今日の反省と報告。
順位は、32位。
ちょうど、真ん中くらいだった。

「頑張ったね~」の私の言葉に、
「みんな、早いんだもの・・・」と次男。
走る前は、遅いよ、無理だよ、、と言っていた友人たちが、意外にも、本番は早かったらしい。

練習の時に、一緒に走っていた友人たちに、どんどんと抜かされた時は、すごく焦ったとか。
「マジ、焦ったよ」の言葉と、走っていた時の次男の顔を見れば、その時の気持ちがよくわかった。


謙そんするって、よくある。

「うちの子は、出来悪くて~」と、話す親ほど、家では子供に‘カツ’入れてたり。
「部屋、散らかっているよ~」と言うけど、実は朝から、しっかりお掃除していたり。
「洋服、そんなに持っていないよ~」は、、実はすごい衣装持ち?

とりあえず、誰でも最初は、謙そんして言うのかな。
確かに、「俺、早いよ」とは言わないし、、
「部屋、きれいよ」とも言わない。
よくよく考えたら、それは、当たり前なのかも。


でも私の場合、、
「洋服は、そんなに持ってないよ~」
これ、ホント。
Gパンばかりの私は、
「スーツでない正装で・・・」、、、なんて言われたら、マジ困るタイプだ。

これは、、
謙そんでも、何でもない。
本当の話し。
次男が、長距離苦手も、、
本当の話しだ。
日常の出来事 TB:0 CM:38 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。